毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

筋トレ

【筋トレ】初心者こそ飲んで欲しいプロテインの種類と4つの基礎知識

更新日:

野郎どもー、ムキムキマッチョになりたいかー!?

どうも、筋トレ初心者のみなさんこんにちは。

これから筋トレを始めようとしたら、絶対に気になるのがプロテインの存在ですよね。

プロテインは筋トレを一番手軽にブーストできる食品です。

しかし、ここが勘違いされがちなのですが、プロテインの摂取にはいくつかのルールが有ります。むやみやたらに飲めばいいというものではありません。

 

プロテインの種類

プロテインって「タンパク質」の事ですけど、じゃあ何から作られているのか分かりますか?

ふふふ、いきなり怪しい話をしてごめんなさい。でも、これが重要なんです。

いきなり初心者のあなたがプロテインと検索すれば、山のようにプロテインが出てきますよね。何を選べば効果的なのか。

大まかに分ければプロテインは3種類に大別されます。

 

ホエイ

乳清とも呼ばれますが、牛乳に含まれるホエイタンパク質を抽出したもの・・・、というか、むしろチーズなどの乳製品を作った後の余り物です。

めちゃんこカラダに吸収されやすいので、トレーニング直後や、トレーニング前に飲むのが効果的です。

メーカーや種類が多く、味もたくさんあるのでもっともおすすめ出来るプロテインですよ。

ガンガン摂取していきましょう。

 

カゼイン

カゼインは「固まるタンパク質」です。

ホエイプロテインが即効性なら、カゼインプロテインは持続性があります。ホエイに比べてゆっくりと吸収されるので、トレーニングを休む日や、寝る前に飲むと良いとされています。

スタミナプロテインとして覚えて下さい。

 

ソイ

ソイは言わずと知れた大豆ですね。プロテイン含有量を見ると、畑の肉と呼ばれているだけのことはあります。

ホエイ、カゼインと比べると、植物性であるというメリットがあります。

大豆タンパク質は、上記二つのプロテインよりも吸収に時間がかかるのですが、その分効果が長時間続きます。

イソフラボンやサポニンといった大豆独自の栄養素も入っているし、食物繊維も豊富なので、サラダ感覚で飲んでいるダイエッターの人もいます。

全然溶けないし味が独特なので僕は苦手ですけど、お得なので飲める人はどんどん飲んじゃって下さい。

 

プロテインの選び方

さて、プロテインの種類を紹介しましたけど、結局どれが良いのよって感じなので選ぶ基準を説明しますね。

これは僕が選んでいる方法なので、これらを参考に自分にあった選び方を見つけて下さい。

 

質・成分

筋肉の増強をメインでプロテインを飲むのなら、成分はかなり重要ですよね。

メーカーや値段によってかなり差が出てくるので、どれも一緒とは思わないで下さい。

同じメーカーの同じプロテインでも、味が違うだけでタンパク質含有量が変わってくるので、買う前に一度見比べるクセを付けて下さい。

 

アジ・飲みやすさ

これは買ってしまわないと分からないので、最初はどうしようもないです。

失敗を繰り返して覚えていくんですけど、水で溶かすのか牛乳で溶かすのかも味に関わってくるので重要です。

ま、大体の人はお金の関係で水に溶かすようになるんですけど、水に溶かすなら断然ホエイプロテインのチョコ味をおすすめします。

どこのメーカーもチョコ味だけはハズレが無いので、最後まで飲み切ることが出来て幸せです。(今のところね)

昔、ソイプロテインが安売りしていたので大人買いして飲んだんですけど、一口目から先に勧めなくて大量に捨てたのを思い出します。

 

プロテインのポイント

次はプロテインに関わる精神論的な物を。

ぶっちゃけ、プロテインを作っているメーカーでほぼ決まるのでどうしようもない部分もあるんですけど、覚えておくにこしたことは無いですから。

 

価格と質は比例しない

安いからショボいとか、高いから効くっていうのはプロテイン業界ではあり得ないです。

「高いプロテインは飲みやすい」ってぐらいでしょうか。

値段よりも成分を見て決めましょう。

海外製のプロテインは安くて成分も良いのでおすすめですよ。飲みにくいけど。

 

目的をはっきりする

プロテインって筋トレする人だったり、痩せたい人だったり、いろんな人が求めて飲んじゃうんですけど、そもそも目的をハッキリさせておいたほうが結果が出やすいですね。

筋トレのサポートとして飲むなら大体こんな感じでしょうか。

  • 腹筋を割りたい
  • 二の腕を太くしたい
  • 胸筋が欲しい
  • 逆三角形になりたい
  • ヒラメ筋をクッキリさせたい

これをガッツリと自分の中に落としこむことで、ちゃんと筋肉が分かってくれます。

目的も無いまま筋トレをしていてもしょうが無いし、プロテインにも失礼ですから。

 

飲まないのと比べたら違いは僅か

プロテインはあくまでサポート的な役割しかありません。

筋トレをしていないにも関わらず飲んだとしても、その効果は期待出来ないです。

また、ちゃんとトレーニングしながら飲んでいたとしても、目に見えて違いが出てくるということはありえません。

魔法のようなツールでは無いと言う事を覚えておいて下さい。

 

その他

  • 案ずるより産むがやすし。
  • 踏み出せばその一歩が道となる。

結局のところ、飲んでしまえばどうにかなるのがプロテインの良いところで、BCAAが入っていたらトレーニング後の筋肉痛が少なくなったりとか、なんとなくムキムキになってきたとか飲んでいる実感はあると思います。

難しく考えすぎて手を止めるよりも、手近にあるプロテインを飲んでいて物足りなくなった時に、成分を再チェックしてみるといいんじゃないでしょうか。

 

まとめ

プロテインは栄養管理の一環として、食事で足りなかったタンパク質を補うものです。

過剰な期待を込めて飲むのは、実は精神的にはすごく良いはずなので止めはしません。けど、結果が出ないのをプロテインのせいにするのはやめましょう。

しっかりとご飯を食べて休息を取るだけでいい結果を出している人もいるので、マジメにコツコツと頑張りましょう。

そうは言っても、僕も毎日飲んでいますけどね!

 

-筋トレ

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.