毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

フォトブック

70年を超える老舗「フォトレボ」から渾身を込めたフォトブックが出ました!

更新日:

フォトレボとは

  • 耐用年数300年超の長寿命なフォトブックが作れる
  • キレイを超えた「超キレイ」という高画質
  • タテ・ヨコ・ナナメの自由自在レイアウトが気持ちいい♪

 

フォトレボのフォトブック

画質にこだわるインクジェットプリントのフォトレボは、なんと創業が昭和21年の超老舗の製本業者「ダンクセキ株式会社」が運営しています。

教科書なども手がけられているそうで、そりゃー画質へのこだわりも人一倍ですよね。

値段は中堅クラスのフォトブックプリントサービスと同じくらいですが、7色インクジェットで業界の中では頭一つ抜けているイメージですよ♪

 

フォトレボの特徴

ソフトカバー
200x140mm ¥980 8p~
140x200mm ¥980 8p~
210x297mm ¥2,800 8p~
ハードカバー
200x140mm ¥2,500 8p~
140x200mm ¥2,500 8p~
200x200mm ¥3,200 8p~
200x268mm ¥3,800 8p~
プレミアム
300x300mm ¥10.800 16p~

※2016年3月現在の価格です

7色印刷という業界最多インクプリントなので、コスト的な面で考えるとちょっと使いにくい印象がありますが、フォトラボの特殊技術で保存期間が300年を実現されています。

300年・・・・・・・うーん、生きてないよねっ!!

死んでから10年ぐらい持ってくれれば写真なんてOKって思ってたけど、良く考えれば家族だって亡くなるかも知れないわけですよね。

おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出作りや、飼っているペットの写真なんかはずっと残していたいですから。

あ、暗い話題になっちゃった。

でも、後のことを考えると長期保存できる写真も良いですよねぇ。

 

フォトレボのデメリット

あえて言うならちょっと高いかなって思いますけど、それも美しさの前には無力だ。ハハハヽ(=´▽`=)ノ

超キレイプリントで私の魅力を存分に引き出せるのなら、これぐらいの差額は気持ちよくターンっと払おうじゃないか。

あ、ウソです。すいません。

でも、ちょっとでもキレイになるのなら本当にこれくらい払っちゃいたい気分です♪もちろん修正も入れますけど(笑)。

 

フォトレボのメリット

画質、自在レイアウト、老舗ならではの安心感、値段以外はどこを切り取っても素晴らしいフォトブックサービスですよ。

文字数の制限がないのも良いですね。考えてる文字が、文字数制限に引っかかって一生懸命考えなおすのって辛いんですよねぇ。

ま、フォトレボは増やせば増やすほど安くなるスタンスなので、基本8ページで作れば割高ですけど、ページ数を増やせばかなり安く仕上がります。

フォトブックの注文数も、2冊め以降から割引が始まる太っ腹ですしね♪

 

まとめ

フォトレボは、会社やPTAなどのフォトブックを大量に注文するときに覚えておきたいですね。

とにかくボリュームディスカウントが他に比べてすごいので、たくさん頼みたい時はおすすめのフォトブックサービスです。

あとは、使ってみて初めて分かるレイアウトの自由さにやられてしまいましょう♪

 

-フォトブック

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.