毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

フォトブック

デパ帳の画質はどうなの?口コミ・評判を調べました♪

更新日:

デパ帳とは

  • 7色印刷で色の安定した色の再現性を実現
  • 300年の超長期保存で安心の耐久性
  • 開閉に強いドイツの特殊糊で製本しています♪

 

デパ帳のフォトブック

携帯電話の通信機器を販売している株式会社ナガトモが運営しているデパ帳。韓国のヨンウー通信株式会社の100%子会社で、外資系の企業ですね。

デパ帳のスーパーHDフォトブックを印刷するために使用されている機械は、キャノンのスーパープリンター「ドリームラボ5000(表示価格:5000万円)」。

5,5000まんえん・・・・・・・、プリンターってこんなに高いんですね(汗)。

最新マシーンを使って作られるフォトブックは、余裕の7色印刷でこまかい色の違いもくっきり再現出来ますよ♪

キャンペーンを良くしているみたいなので、現在の価格も気になりますね。

 

デパ帳の特徴

ソフトカバー
9種類 ¥2,100~ 21p~
ハードカバー
9種類 ¥2,300~ 21p~
レイフラット
6種類 ¥6,204~ 22p~

※2016年3月現在の価格です

う~ん、ちょっと高いですかね。5000万円の機械を使っているのでしょうがないのでしょうか。

と思ったのですが、同じ7色印刷のフォトレボさんと21ページで注文すると仮定したら、ほとんど差が無かったです。向こうは基本ページ数が少ないので、自由度はあちらのほうが断然上なんですけどね。

フォトブックのサイズがたくさん用意されていて、例えばソフトカバータイプで9種類のサイズと、光沢の有り無し、表紙の種類などなど値段設定も細かいですし、初回購入特典で今なら20%オフだったりと色々芸が細かいです。

 

デパ帳のデメリット

ブラウザから写真が作れるのねーって作成開始のボタンを押したら、PCソフトがなぜかインストールされます。こっちはまだインストールする気が無かったもんだからビックリしちゃいました。これって、ハイ・イイエが出ないままでダウンロードされるのって違法じゃなかったかな。

ま、それは置いといて、PCソフトが大前提っていうのがねー。私は大丈夫ですけど、スペックの関係もあって気軽に人におすすめ出来ないじゃないですか。

あとは、選べるフォトブックの種類が多いって言うのも案外困るんですよねぇ。O型だから迷っちゃう(笑)。

でも光沢の有る無しを選べるのはありがたいかも。

 

デパ帳のメリット

細かく決められる紙質とサイズはすごく良いと思います。だって、光沢無しにしたい時もあるし、半光沢で終わらせたい時もありますから。光沢有りをわざわざこちらから指定して使うことは無いですね、好みの問題ですけど。

画質も良いし、耐久性も問題ないんですね。

かわいい写真テンプレートもかなり豊富だったはずなんですけど、今探しても見つからないんですよ。

今ちょっと無駄なソフトを入れられないぐらいパソコンがパンパンになっているので、試せないのが残念です。

 

まとめ

デパ帳の良いところは、フォトブックの表紙までちゃんと作り込めるところですねぇ。

表紙って一番最初に目に入ってくるところですから、ここを気合入れると完成度がまったく変わっちゃいますもんね。

他のフォトブックサービスと違って、良くキャンペーンをしているのでちょくちょく覗いてみて下さい♪

 

-フォトブック

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.