毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

フォトブック

フォトブックを作る時に注意したい画素数の話【フォトブックの基礎知識5】

更新日:

今更ですけど、フォトブックを作る時に写真の画素数って気にしたことありますか?

何メガピクセルとかってスマホとかデジカメに書いてあるのが画素数の事なんですね。

せっかく高いフォトブックサービスを使っていても、写真の画素数が低ければ写真がぼやけてはっきりしない状態になるので、泣きを見ることになったりしますよ。

 

画素数とフォトブックの話

よっぽど激安なやつを買わない限りは、デジカメで撮った画像をフォトブックに出来ないということは無いはずです。基本的にデジカメは写真を撮ることに特化していますので、カメラ機能に問題が有ることは少ないです。

なのですが、スマホは問題がアリアリでして、もちろん電話がメインに作られていますからカメラ機能はオマケみたいなもんですね。

 

スマホの画素数は間違えるとツライ

スマホにも色々有りますけど、ここではアイフォンを例にして話していきますね。

他のメーカーの人も年代を参考にするか、説明書を読んでカメラの画素数を確認して下さい。

スマホ 外向きカメラ 内向きカメラ
iPhone 6s 1,200万画素 500万画素
iPhone 6 800万画素 120万画素
iPhone 5s
iPhone 5
iPhone 4s 30万画素
iPhone 4 500万画素

ということで、アイフォンの画素数をカメラ別に表にしました。

一般的に言われている12メガピクセルとか8メガピクセルと言われているのがコレのことですね。

※「メガ=100万画素」なので、普通に考えれば1200万画素で12メガピクルという計算になります。

 

実際に必要な画素数は?

さて、ここで問題です。

まずはL版と言われている一般的な写真をプリントするのに必要な画素数はいくらでしょう?

ちーん♪(タイマーのなる音)

正解は、80万画素でした!!

は、80万。そんなもんで良いのって思ったけど、そんなもんで良いと天下のエプソン様が仰っているのです。

上の表で見ると、アイフォン4のインカメラなら足りていませんが、アイフォン5以上のカメラならL版プリントに必要な画素数をどれも満たしていますね。すごい時代です。

 

じゃ、実際のフォトブックに必要な画素数は?

A4サイズ 3496 × 2492 pixel = 871万画素 (推奨画素数)
スクエアサイズ 2492 × 2492 pixel = 621万画素 (推奨画素数)
ワイドサイズ 1771 × 2315 pixel = 410万画素 (推奨画素数)
デミサイズ 2551 × 2315 pixel = 591万画素 (推奨画素数)
ミニサイズ 1772 × 1961 pixel = 347万画素 (推奨画素数)
CDサイズ 1476 × 1655 pixel = 244万画素 (推奨画素数)

※写真を配置した際に、300dpiを満たす画像を推奨しております。

フエルフォトブック:http://www.fueru.jp/photo/top/faq/faq.htmlより引用

300dpiというのは解像度のことですね。

ということで、フォトブックを作る時にはかなり気をつけて写真を取らないと、アイフォン6s以外のインカメは一番小さいCDサイズの244万画素を満たしていません。

外向きカメラで撮ったとしても、A4の推奨画素数に達しているのはアイフォン6sだけなんですねぇ。

無理矢理に作れないことも無いでしょうし、メーカーによって推奨画素数も多少変わるのでなんとも言えませんが、なるべくならキレイなフォトブックを作りたいですよね。

逆に言えば、アイフォン6sの外向きカメラで取れば、大体のサイズのフォトブックに対応しているということです。

いやー、近代化の並は凄いですね。

私のアイフォン6は、何にしても中途半端な位置にいるので悔しいです。ちょうど6sも出ていたんですけど、高くてやめちゃいました(泣)。

 

まとめ

ということで、いかがだったでしょうか。

本当は画素数だけでじゃなく、解像度や写真の大きさも関係してくるんですけどね。

今回はキレイな写真を残したければ画素数に気をつけて下さいという内容でお送りしました。

 

-フォトブック

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.