毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

車関係

ゲリラ豪雨が来た時に気をつけること!

更新日:

ここ最近は異常気象なんていわれてて、イカれた天気も多いですよね。

そんな中、ゲリラ豪雨と呼ばれる信じられないぐらいの大雨が降ることも珍しく無くなってきました。

ということで、ゲリラ豪雨で気をつけるポイントを挙げていきますね。

 

ゲリラ豪雨に気をつけろっ!

ゲリラ豪雨・・・そう、突然の大雨って甘く見てるとマジでヤバイです。

豪雨で命を落とした方も何人もいるぐらい危険だし、もう災害の一種といっても過言じゃないレベルで雨が降るんですよね。

とくに大雨の中、車を運転していると普段では想像もできない事態に見舞われるので注意が必要です。

 

スピードを出さない

皆さん忘れがちなんですけど、雨が降っているときはスピードを出し過ぎないようにしましょう。

道端に水たまりができるぐらいの雨が降っているなら、制限速度ちょうどか、ちょっと遅いぐらいで良いと思います。

1分1秒を急ぐということでも無い限りは、飛ばしても良いことは1つもありません。

 

スリップ

大雨が降っていると、一番遭遇しやすいトラブルがスリップですね。

近頃の車はABSが付いているといっても、そこそこ滑ります。

自動車教習所でも習ったと思いますが、ハイドロプレーニング現象と呼ばれるスリップは冷や汗ものです。

スピードが出ていなくても、水たまりの上を走ったら滑ることがあるので気をつけて下さい。

タイヤが滑ったからといって、急ハンドル、急ブレーキをするのはマジでヤバイです。

まずはアクセルから足を離して、エンジンブレーキに身を任せましょう。

 

撥水加工をしよう

豪雨だと、前が見えなくなるほど横殴りの雨が降ることがあります。

センターラインが見えなくなったり、対向車が来ているのか分からないのがめちゃくちゃ恐怖。

フロントガラスに水が張り付いて前が見えないので焦ってしまうんですよね。

そういうときのために、フロントガラスの撥水加工はこまめにしておいたほうが良いです。

ワイパーが意味をなさないような大雨の時に劇的な効果を発揮します。

個人的には、ワイパーに撥水機能がついているものが手軽でオススメ。

オートバックスのような自動車用品店で買えば、店員さんが交換してくれるので手間いらずです。

一度、台風通過中の超大雨が降っている中で交換してもらったことがあります。感謝。

 

強風は侮れない

ただのゲリラ豪雨なら大丈夫だと思いますけど、台風などで強風が吹き荒れているとハンドルが取られます。

「たかが風が吹いたぐらいで大げさな。」 って最初はみんな言うんですよね。

でも、実際に強風でハンドルが取られるとめっちゃ焦ります。

スピードを緩めてゆっくりと走るか、路肩に停めて落ち着くまで待ちましょう。

 

運転を止める

もぅ無理。

って思ったらすかさず運転を止めましょう。

車が動いてなければ、事故をおこす確率が極端に減ります。 大雨の日は外出を避けることも必要です。

 

水没・冠水

水没はマジでヤバイです。

たまに道路脇の低い駐車場で車が数台水没してたりしますけど、気を抜いていたらすぐに水没します。

「あとで車を動かしておこう。」

ついつい雨の中を動くのが面倒くさくて、車の移動を後回しにしてしまいますが、気がついた時にはすでに遅し。

その地域の排水能力を超えてしまったら、あっという間に水がくるので時間との戦いになります。

 

地下道を避ける

大雨が降っているときは、地下を通っている地下道(トンネル)などには近寄らないようにしましょう。

地下がダメというよりも、そこが谷になって雨水が集まりやすいからです。

ここ最近作られたようなところだと排水能力も高く大丈夫ですが、昔に作られたような地下道は、すぐに冠水してしまう可能性があるので注意してください。

 

低い場所には行かない

先ほどと同じような内容ですが、明らかに見た感じで低い場所に行くのは止めましょう。

通りすぎるだけなら良いんです。

でも、道路より一段低い駐車場に止めなければならないような場合は、少し遠くてもいいので、高台にある駐車場に止めなおしましょう。

身近で、愛車を水没させて後悔した人をたくさん知っています。

 

海沿いは通らない

海を舐めてると酷い目に合わされます。

波浪警報、強風警報が出ている時は流される危険があるので近寄らないほうが良いです。

海からの飛沫を浴びながら走るのは、海水で洗車しているようなものなので車がすごく錆びます。

風が強いときにも、潮風(海水を含む風)が飛んでくるので海沿いは避けたほうが無難です。

 

水没したら逃げる

もし万が一、車に乗っている状態で水没してしまったら、迷わず逃げましょう。

車に残っていても良いことなんて1つもありません。

水中で水圧がかかると、車のドアは開かなくなります。

「濡れるのが嫌だ。」

なんて言わずに逃げ出して下さい。

ジワジワと水量が上がってくるので、危険と思う人は少ないかもしれませんが、車の水没で亡くなる方もいますから。

かなりヤバイ状態になってしまったら、窓ガラスを割る用のハンマーも躊躇無く使って下さい。

どうせ水没車扱いになるのでガツンといきましょう(笑)。

 

まとめ

ゲリラ豪雨は、予兆もなく突発的にくるからゲリラ豪雨って呼ばれているんです。

たかが雨と思わずに、災害予備軍だと思って対処するようにしたいですね。

雨なんて大したことじゃないように思えますが、車を運転しているときに一番恐いのが雨です。

事故を起こす元凶になったりしますので、くれぐれも細心の注意を払うようにして下さいね。

 

-車関係

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.