毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

お金の話

転職業界が盛り上がっているのでブラック企業を辞めるなら今がチャンスかもね

更新日:

ブラック企業という言葉もあまり聞かなくなりましたが、それはブラック企業が減ったからではありません。

ブラックが世の中に浸透しすぎて、今や当たり前になってしまったからですね。

かくいう私の会社もブラック化していました。

 

ブラック企業から転職しよう

私の場合はまったく気が付きませんでした。

今までお金に興味がなく、給料明細を1年以上も見ていなかったからです。

ある日、本当になにげなく給料明細をパラっと開いたのです。

すると毎月100時間を超えているはずの残業時間が、なぜか40時間しかついていませんでした。

 

ブラック企業は恐ろしい

総務にすぐに聞きに行きました。仲が良かったですからね。

「毎月の残業時間と、給料明細の残業時間が合っていないんですけど?」

息巻いてそういうと、毎日上司が残業時間を訂正しているのだと教えてくれました。

「ほえ?」

どうして定時でサッサと帰ってしまう上司が、私の残業時間を訂正しているのかさっぱり分かりません。

しかたがないので上司に聞いて見たところ

上「社長から残業時間を減らすように言われてるんだよ。ごめんね、テヘペロ」

私「はぁ?」

これはヤバイでしょう。

だって残業の内容が、上司が仕事のことを全然知らないから仕方がなく私が処理していたからです。

なぜ元凶の上司が人の残業時間を減らしているのか理解に苦しみます。

 

ダメだコイツ、なんとかしないと

結局、部署の経費を減らして社長にアピールしたいという上司の企みによって、私の残業代は削られていました。

上司は仕事ができないので、そういうところでしかアピール出来ないのは可哀想だと思います。しかし、それだけで月に10万以上も給料を削られていたのなら、温厚な私もさすがに頭にきます。

というか、いつから抜かれていたのか分かりませんが、半年で100万は固いですからね。その分ボーナスの査定は良くしてくれていたみたいですが、そんなものは焼け石に水です。

 

ちくしょう、転職だ!

私の場合は、グループ企業からスカウトがいくつか来ていたのですが、どこに行っても今の会社の協力会社なので、そんなところで働くのはまっぴらゴメンでした。

今の会社とも一切関わりの無いところからのスカウトもあったのですが、県外だったのでそれも却下。

なんてワガママなんだと我ながらビックリしましたが、家族もいるのでしょうが無いですよね。

という事で、会社の隙を見てハローワークで転職先をコツコツを探していました。

ちなみに、凄腕の就職アドバイザーの方にも相談しましたが、いま務めている会社以上の会社が無いから辞めない方が良いと諭されました。もちろん無視ですけど(笑)。

 

転職先が無い

もっと簡単に見つかると思っていただけに、ハローワークに通うのが辛くなってきました。

業種が変われば、最初から仕事を覚えなおさないといけないのですが、今の会社と同じ業種にいけば間違いなく今の会社と接点が出来てしまいます。

それだけは避けたかったのです。

 

光が見えた!

ある日、たまたま休みが取れたので、友人と久しぶりに居酒屋へ飲みに行きました。

「今の会社辞めたいんだけど、再就職もきびしいよなぁ」

なんて愚痴りながらビールを飲んでいたら、友人に転職サイトなるものを紹介してもらいました。

私「何これ?」

転職サイト

 

転職サイトとは?

んー、イマイチ自分でもよく分かっていないんですけど、転職先と自分をマッチングしてくれるサイトの事です。

民間がやっているハローワークみたいなもので、申込者からは1円も取らないので、どうやって運営しているのかは謎です(笑)。

やたらと種類が多いし業種別になってたりで、ハロワよりも中身が濃く仕事も大量にあります

 

転職サイトを使って

友人が教えてくれた転職サイトにさっそくスマホで登録しましたが、そこは自分の地元の仕事が少なく、あまり役にたちませんでした。

久々の飲み会だったので少し飲み過ぎてしまって、あまりスマホを見ることもなく、そこで解散。

そのまま転職サイトの存在をすっかり忘れていました。

次の日、会社で昼休みになにげなくスマホを見たら、昨日の転職サイトの情報が残っていたので、閃いた。

「転職サイトってココ以外にもいっぱいあるんじゃない?」

「ビンゴォッ!!」

予想通りたくさんの転職サイトを見つけていって、片っ端から登録。

そこからは、ワラにもすがる思いで毎日ヒマを見つけては登録したサイトを確認していきました。

 

朗報、再就職先が見つかる

良さそうなところが見つかったので、さっそく申し込みをして面接に行きました。

最初に色々と自分の能力を転職サイトに登録しているので、面接も信じられないほどスムーズに終わりました。

「来週からきてねー」

さすがに引き継ぎなどで一週間後は無理でしたが、2ヶ月後には無事に再就職することができました。

 

嫁さんに

じつは全て家族に内緒で行動していたので、嫁さんには就職先が決まってから伝えました。

「残業が無くなる分給料が下がるけど、その分節約するからゆるしてね。」

世間的にはこれは許されないのでしょうけど、私の場合は今までがヤバすぎたというのもあって、最終的に納得してくれました。

ギャンブルはするけど、タバコも酒もしないので貯金も少なくは無かったはずです。

 

ということで転職後はヒマに

転職先は残業がないので、忙しくないかぎりは毎日定時あがりです。

さすがに5年ほど毎月100時間前後の残業をしていたので、時間が余ってしょうが無いのですが、お金も無いのでおとなしく子どもと遊んでいます。

・・・。

嘘です。

子供が寝てからはヒマなので副業をずっとしています。

おかげで仕事を辞める前よりも年収が上がっていますが、全部貯金しているので嫁さんも知りません(笑)。

前はこんなことも考えられないくらい毎日が一瞬ですぎていたので、これからはゆっくりと楽しみたいと思っています。

 

時は流れる

というのが大体1年前の話です。

現在は、拾っていただいた会社の社長には悪いですが、副業が順調になってきたので独立も視野に入れてさらに頑張っています。

私は忙しい方が好きみたいですね(笑)。

 

ということで

転職を考えたら転職サイトには登録しておいた方がいいです。

とりあえず私は片っ端から全部登録して最適な就職先を探したのですが、各サイトそれぞれクセがあるので、最終的に自分にあったサイトだけに絞っていくのがおすすめです。

個人情報を入れなければいけないサイトと、入れなくても良いサイトがあって、最初は入れなくても良いサイトばかりを見ていたのですが、後々で入れたほうがたくさん仕事を見られることが分かって後悔しました。

最初から全力のほうが上手く見つかる可能性が高いです。

 

まとめ

最初、会社をやめる準備をしていたときはハロワに仕事がなくて絶望していましたが、今はスマホで仕事が探せるので、情報化社会バンザイって思いましたよ。

むしろ、ここまで仕事が溢れているのかってビビりました。

転職はかなりエネルギーを使うので、勢いだけで会社を辞める前に自分にどれだけのニーズがあるのか調べておくのが良いと思います。

職種によってもニーズが違いますから。

転職は一生に何度もやるものでも無いので、慎重に進めてくださいね。

 

-お金の話

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.