中国製品と日本製品とこれからの未来と

最近身の回りに海外製品が増えましたなぁ。

海外って言えば聞こえは良いけども、中国も海外だからね。

いや、嫌いじゃないんだけど気をつけたほうが良いよっていうお話。

 

中国と日本の製品

4000年の歴史が有る割に、パチモノばかり作っているイメージの中国。

いつか行ってみたいなぁと思いながら、いつ夢が叶うのか分かりません。

 

中国製品はピンきり

これね、ウチの会社に来た中国商社の人が言ってたんだけど

「日本の資本が入っている会社はマトモだけど、中国独自の会社はダメ。」

ふーん、って言いながら良く分からなかったんだけど、今や中国の技術もかなり格差が開いているらしい。

日本から技術者が行って教えている会社は、ほぼ日本と変わらないくらいの実力があるらしい。

これはマジ。

だって、日本より良い物が出来てきたから(笑)。

 

粗悪な中国製品

逆に、出来の悪い粗悪品も出回っているようで。

何が悪いって、日本の業者崩れがその粗悪品を日本で売るんだよね。

タオバオとかアリババでタダ同然で仕入れてきて、日本で激安販売するの。

専門業者じゃないから良い物と粗悪品との違いが分からなくて、儲かるから売っている感じ。

仕入れる人、売っている人、買っている人、みんなに責任があるんだよ。

でも、そのおかげで価格競争になって日本の製品の値段が下るのは良いよね。

潰れた会社も多いけど・・・。

 

日本の業者はどこを見るべきか

よく分かんないから言いたくないんだけどさ。

ウチの会社でも中国から仕入れたほうが良い物が手に入るような仕組みになりつつあるんだよね。

でも、地元企業が衰退しちゃうから、現地調達出来るものは極力頼まないようにしている。

これで良いのかっていうのは本当に分からない。

だって、中国企業はガンガンプッシュしてくるし、安くて質も良い。

今までの「安かろう悪かろう」と思っていた固定概念が完全に破壊された。

地元企業は体力が無くて、今使っている設備の更新が出来ないから「高かろう悪かろう」になり始めている。

 

ちょっと愚痴

「中国がこれくらい良い物作ってきているんだから、もうちょい地元でもマシな物を作らないと注文先を替えちゃうよ」

って言うのが最近の受注先からの殺し文句なんだけど、それに対して内の会社は何かと理由を付けて逃げるんだよね。

設備投資はもちろん高額だから難しいんだけど、社員旅行に行くぐらいだったら設備入れてよっていうのが本音なわけですよ。

今のままじゃウチの会社はのっぴきならない状況になりつつあるので、もっと危機感持って欲しいよ。

ぶっちゃけ、定時で帰ってるような状況じゃないのよ。

 

ということで

あれ、これって何の話だっけ。

ま、僕の身の回りの中国関連の話題ってことで。

PS4や3DSなんかのゲーム機に代表されるように、中国製品は一括りに粗悪品と呼ぶのは難しくなってきました。

MADE IN JAPAN神話も崩れつつあるのですが、それでも僕が日本製品をなるべく進んで買うようにしているのは、日本のメーカーが潰れて無くなってしまわない為でもあるんです。

個人の力では微力でしょうが、これからも日本人として出来る限り支えあっていこうと思っています。

それにしても日本産を探すのは難しくなってきましたね。