毎日楽しく過ごすよ

ワイハイ

車関係

車のエンジンがかからないときにチェックするポイント!

更新日:

「やっべー、昨日まで動いていた車のエンジンがかからないんだけど、どうすればいいの?」

っという時って誰しもが一度は経験したことがありますよね。

でも、慌てなくて大丈夫です。 動かないのには必ず理由があるので、まずは落ち着いて下さい。

以下項目を一個ずつ見て行きましょう。

 

車が動かない場合のチェックポイント

だいたい、車が動かなくなるようなトラブルって、会社の出勤前や家族とのお出かけ前のように、ちょうど良いタイミングで来ることが多いですよね。

神様のいたずら、よりもむしろ誰かの悪意を感じてしまいます。

ということで、クルマのエンジンが動かない場合は、まず以下をチェックしてください。

  • セルモーターが回る
  • セルモーターが回らない

 

セルモーターが回らない時

クルマのキーを差し込んで、キュルキュルと音がしない場合に疑うポイントです。

また、セルが回るんだけど、音が弱い場合も同じように考えて下さい。

勢いよく回るようなら、ココは飛ばしてOKです。  

 

一番良くあるバッテリー上がり

ヘッドライトやルームランプを点けっぱなしにしていた場合に良くあるのが、バッテリー上がりです。

クルマのバッテリーは走っていないと充電されないのを知らない人もいて、エンジンを切った状態でヘッドライトを一晩中点けっぱなしにしていてバッテリー上がり、なんてことはクルマトラブルのあるある鉄板ネタです。

他にも、夏にエアコンを使いすぎてバッテリーが酷使されているような場合に、バッテリーの寿命が来ている可能性もあります。

寒くなるとバッテリーの調子が落ちるので、早め早めに交換しておいたほうが良いですね。

 

スマートキー(電子キー)の電池切れ

キーレスエントリー車だと、ポケットにカギを入れているだけでエンジンがかかる車種がありますね。

そういう場合に、スマートキーの電池が切れていて、クルマが認識できなくてエンジンが掛からないこともあります。

一年に1回程度は電池交換をしたほうが良いんですけど、まだ電池が持つからといって交換しないまま使い続けている人もいます。

一応どんなクルマも、スマートキーが電池切れ状態で動くようになっているので、ダッシュボードに入れてある説明書を見て下さい。

 

シフトレバーの確認

これは経験があります。

シフトレバーが「P(パーキング)」に入っていないので、エンジンが掛からないパターンですね。

前回エンジンを切った時に慌てていたりすると、こうなります。

修理屋さんに電話して、やっと来たと思ったらシフトレバーのポジション直して終わり、ということも良くある出来事のようです。

 

ハンドルロックを確認

ハンドルが変な状態で固定されていて、セルが回らない状態になっていることもあります。

私のワゴンRでもハンドルロックがたまにかかってる時が。。。
※年2回ほど。

理由はよく分からないですが、ハンドルを強く揺すってみたらロックが外れることがあるので、困ったときはやってみても良いかも知れません。

 

ブレーキペダルの力不足

たまに油圧が抜けているのかなんなのか、ブレーキがめちゃくちゃ硬くて踏み込みが甘くなっているときがあります。

ブレーキを踏み込んでセンサーが反応したら、セルが回る準備ができるので、踏み込みが浅くてセンサーに届かなければエンジンは掛かりません。

たまにはギュッとブレーキを踏みつけてみてください。

 

ヒューズが切れているかも

自分でバッテリーを交換したり、カーオーディオを交換したときに、ヒューズが飛んでしまうことがあります。

その時に気がついたら良いんですけど、分かりづらい部分なので後の祭りになることも。

個人的なことですが、自称クルマに詳しい友人と一緒にビンテージカーのバッテリー交換をしていて、メインヒューズ(?)を飛ばされたことがあります。

替えのきかないヒューズだったので取り寄せになって、1週間ほどクルマに乗れなくなってしまいました。 バッテリー交換は、くれぐれも気をつけて下さい。

 

セルモーターが回る時

セルモーターが回るのにエンジンが掛からない場合は、ガソリンかプラグぐらいしか見るところがありません。

ぶっちゃけガソリンが入っているのを確認したら、後は修理屋さんの出番になります。

  • エンジン関係の不調なのか
  • プラグから火が飛んでいないのか

で、修理の値段が天と地ほども変わってくるので祈りましょう。

古い車だと、ありがちなトラブルですね。

 

ガソリン不足

キュルキュルいってばかりで、なかなかエンジンが掛からないなぁ、なんて時にはガソリンメーターを見て下さい。

「エンジンが掛からないから慌てて修理屋を呼んだらガス欠だった。」

という笑い話のような出来事は普通にあります。

近所の修理屋さんも、呼び出しを食らったらまずはガソリンを持って行きますから。

 

あとは業者にまかせよう

原チャリだったら部品交換も自力でできますが、クルマとなるとそうもいきません。

ウンウン悩んでいるよりも、さっさと車屋さんに入院させたほうが早くて確実です。

自力で確認できるところをチェックし終わっても動かないんだったら、車屋さんに電話してくださいね。

 

まとめ

突然クルマが動かなくなるとテンパりますよね。

修理代が高いのも嫌だし、予定が狂うのも嫌だ。 そういう時は、とりあえず上記のように自分で出来ることをやってみましょう。

あんがい勘違いで動かなかった場合もありますからね。

 

-車関係

Copyright© ワイハイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.